読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆうたクラブ日記

ゆうたクラブTV http://gantakun.hateblo.jp/

yuta,s1

【勝手に】少年と魔法のロボット#5【小説】

トオルへの拍手が止み始めた頃、トオルは、泣きはじめました。

「お父さんこれは僕じゃ無い、ロボットが歌ったんだ。お父さんはなんで僕だけに歌うことを禁止するの?なんで歌が嫌いならそこにいるの。 」

観客がざわつき始めた頃、お父さんはいつもうるさいとしか言わない、その口を開き始めました。

「それは、それはお父さんは昔、有名な歌手だったんだ。けれど、だんだん応援してくれる人もいなくなって、お母さんまでいなくなってしまった。お父さんは、そんな思いをキミにして欲しくなくて、歌うことを禁止したんだ。」

観客のざわつきが止みます。

「そう…だったんだ…。」

「ごめんトオル。」

少年は泣き止み、言いました。

「うん、いいよ。」


その日、トオルはたとえ不器用な声だとしても、声に出すことの大切さを知りました。



次の日から様々な人からの手紙が届き、トオルは世界中の人の為にグッスリ眠って、自分の歌をお父さんと一緒に作ります。