読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆうたクラブ日記

ゆうたクラブTV http://gantakun.hateblo.jp/

yuta,s1

ヲタレンジャー#3

「お前はそれをおかしいと思わないのか。」

その声の主は地球人の指揮をとっている奴だった。

第2話【気】

「お前はそれをおかしいと思わないのか。」

「それってなんだよ。」

「その、武器と化した光る棒のことだ。」

「光る棒じゃないケミカルライト、またはサイリュームだ。それにこれは武器なんかじゃない。歴とした道具だ。」

「じゃあ何故それで戦っているんだ。」

「それは…。」

答えられなかった。限定品の取り合いの時にこれで殴り合うことはよくあった。でも今のHikaru-Bouは朱で染まっている。自分の着ているこの赤いスーツだって、黒っぽい朱で染まっていた。これを殺し合いの武器として使っているのには、違いなかった。

「そもそも、ヲタク達が踊りのために使っていた物が何故、殴り合いの道具になるんだ。おかしいと思わなかったのか。あんなにヲタクの学習をして。」

「そう、だよな。」

「限定品の数が1個や2個というのもおかしい。何かの政策なのか。」

「地球のヲタクはどうなんだ。戦いはないのか。」

「あるわけがない。限定品を持つ者を羨ましいと思うことはあっても、戦う事はない。ヲタクのほとんどが日本に集まるしな。日本じゃ戦いは法律で禁止されてる。」

「俺に、俺に地球のヲタクを見せてくれ。」

「そうか…。ついてこい。見せてやる。本当のヲタクって奴を。」