読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆうたクラブ日記

ゆうたクラブTV http://gantakun.hateblo.jp/

yuta,s1

闇夜に咲く花 18

18:敵のアジトにて

 私達は警官を投げ飛ばし、かと言ってもガルスが憑いてると知っているので抵抗はあまりないのだが、全身タイツで国会内へ入った。警官が無線を使い、「全身タイツの4人組が」と言っているのが聞こえる。

「さぁ、まずは左の衆議院側だ」

私達は警官を倒しながら、左側へ歩みを進める。そこにはガルスの生みの親バーバラ・ガルスが居た。私達はまず彼と話をしようとした。

「おい、もうガルスを作るのは辞めるんだ」烈斗は吠えるライオンをなだめるように言う。「俺たちだってお前は殺したくない」

「お前達は私の気持ちを全くわかってない。私はただ利用されただけなんだ。政府に囚われた親友を救う為に」ガルスが泣きはじめる。

「どう言うことだ」

「私は友達がもっと欲しかったんだ。それで人間の善のエネルギーだけで作られる人を作ろうとした。それに気付いた政府は人間の数を減らすのに丁度いいと私に負のエネルギーだけで作られる人を作れと言った。当然私は断った。でも親友を連れて行かれ、作らないと返さないと言われた。それで、作ったら私の名前を付けられ、私は世界中の人々に批判されて、もう、散々だ。こんな世界壊してやろうと思ったんだ。政府の人間も殺して私も死のうって」

「だからって量産すること無いだろ」

「うるさい。うるさいうるさいうるさい!!お前達は、私の、気持ちを、全く、わかってない!!」

その瞬間ガルスは黒い煙に包まれゴリラと死神を合わせたような姿になった。ガルス自身がガルスになったのだ。しかしそれは再び煙に包まれそのまま消えた。

「消えた。終わったのか。こんなにアッサリと」

彼は自分の力には膨大すぎるパワーを手に入れ、死んだ。そしてずっと降りつずけていた雨は一時的に止み、世界に光りをもたらした。