読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆうたクラブ日記

ゆうたクラブTV http://gantakun.hateblo.jp/

yuta,s1

闇夜に咲く花Ⅷ

Ⅷ:闇と光とヒーローと


 4/14「うわあぁぁ」左の部屋から悲鳴が聞こえる。さっき挨拶をしに来た記者のひとがすむへやだ夜の見回りはとっくに終わっていたが悲鳴が聞こえたなら行かなければならない。これは父から課せられた使命なのだ。隣の部屋は空いていた。「大丈夫ですか」部屋は真っ暗だった。「明かり付けますね」そう言って電気をつける。そして男が悲鳴を上げた理由が分かった。男の背中にゴキブリがいたのだ。寝ながら悲鳴を上げるぐらいだからゴキブリはすごい。さぞかし気持ち悪かったのだろう。さっき挨拶をしに来た時にいなかった2人に記者さんは起こされると、起きた記者さんに僕は仲間のことを話し始めた