ゆうたクラブ日記

ゆうたクラブTV http://gantakun.hateblo.jp/

yuta,s1

小説A

第一章・4月12日
7月28日夏休みに入って、一週間経ったか、経たないかぐらいのある日
事件は起きた
それは友達と遊んでた時、ジュースを買いに行った「友達?」が
一時間、帰ってこない
みんなも気になり始めみんなを引き連れ、
僕が先頭に立ち、帰ってこない「友達?」を探しに言った。」
帰ってこない「友達?」が友達かと聞かれたら、
そうでないと僕は答えるだろう。
なぜか?それは今年の春、4月12日のこと。
「友達?」の名は響亮(きょうすけ)。
ぼくと響亮は喧嘩をした。
喧嘩はたしか、ただの冗談の言い合いから始まった。
冗談の内容はエスカレートしていった。
「馬鹿」と言われたら「お前よりテストの成績はいい」と言い返す
本当だった。
そんな日々がつづく。
響亮はすぐキレる。すぐ先生に言いつける。自分の罪を隠す。
そんな日々だった。

広告を非表示にする