ゆうたクラブ日記

ゆうたクラブTV http://gantakun.hateblo.jp/

yuta,s1

はじめてはじめて〜今

こんにちはガンダムです。ではなく、こんにちはゆうたです。最初のやつは、はじめて。はじめて。で、最初の挨拶に使ったやつで、今、見ると、なんか、笑えますね。最初このブログは、確か。僕とガンダムとブログととかいうタイトルだったからで、この感じは…

小説記事のリンク

とけるまでの1週間#1: http://gantakun.hatenablog.com/entry/2015/12/22/004018あとがき: 現在執筆中闇夜に咲く花#1 : http://gantakun.hatenablog.com/entry/2015/05/03/160318あとがき : http://gantakun.hatenablog.com/entry/2015/07/18/224837真・闇…

真・闇夜に咲く花#5

第5話【夢の続きを】 ゲームの話を僕に延々と聞かせる田内健。周りから避けられる僕。今日もブラクス男子中は平和だ。僕、追木勤夢を除けば。僕は友達がいない。と、言えば嘘になる。田内健は僕の唯一の友達なのだが、ゲームの話しかしないので最近は無視す…

はてなブログ最高!

(@。@)/ウウィース!ここ数日間でいろんな、ブログができるサイトを回って来た。しかし、どれも自分には使いにくくて。最終結論はてなブログ最高!

【勝手に】少年と魔法のロボット【小説書き終えました】

夏休み企画の、【勝手に】少年と魔法のロボット【小説】書き終えました。88888888888888w疲れた。楽しかった。いっぱい少年と魔法のロボット聞いた。主人公タクヤからトオルにした。などなど、いっぱいありましたが、ありがとうございました。リンク#1 : ht…

【勝手に】少年と魔法のロボット#6【小説】

季節は過ぎ去り、10年後の9月グミ宛に一通の手紙が届きました。その手紙にはこう書かれていました。 「僕の音楽を世界中にもっと広げる為に、その原点のグミとコミュ症の直った博士にあさって会いに行くよ。トオルこと40mP」手紙の届いたのが遅かったらしく…

【勝手に】少年と魔法のロボット#5【小説】

トオルへの拍手が止み始めた頃、トオルは、泣きはじめました。「お父さんこれは僕じゃ無い、ロボットが歌ったんだ。お父さんはなんで僕だけに歌うことを禁止するの?なんで歌が嫌いならそこにいるの。 」観客がざわつき始めた頃、お父さんはいつもうるさいと…

【勝手に】少年と魔法のロボット#4【小説】

今日は待ちに待った「新祭」です。トオルは時計台の下の小さなステージの上に魔法のロボットのグミと一緒に立っています。「今日までありがとう。」トオルはグミに言いました。その時ステージには歓声ではなく「機会を出すなんてふざけている」と言う怒りの…

【勝手に】少年と魔法のロボット#3【小説】

「どうじゃ、これが魔法のロボット。略して魔法ロボじゃ。」トオルは新祭のポスターの前で博士に呼ばれ、研究所にいました。「何コレ。それにネーミングセンス無っ。」「そうか…。落ち込むのう。でも、ロボットは優秀じゃぞ。」トオルの目の前には自分より…

こちらでも…

http://blogs.yahoo.co.jp/y311032サブブログです。

【勝手に】少年と魔法のロボット#2【小説】

「あの少年 、今年も新祭のポスターを見て落ち込んでおる。なぜじゃ。」博士は、考えます。「聞いてみる方が早いかのぉ。」博士は人と話すのが苦手でした。「でも…人と話すのは…。あの子は私より年下だぞ。それでも大人か。よしっ。よし行くぞ。今行くぞ。…

【勝手に】少年と魔法のロボット#1【小説】

「丘を越えて山を越えて谷を越えてゆくんだ♪」小さな赤レンガの家の小さな自分の部屋の中、少年トオルは小さな声で歌います。それでも耳の良い父親にはトオルの歌が聴こえたようで、部屋に怒りに来ました。「何度言ったらわかるんだ。家の中で歌うなと言っ…

真・闇夜に咲く花のテーマ

この話は夢落ちがテーマでした。飛んだ日が真の現実となります。[3、6、10、13日]バットレンジャーシリーズ1 「真・闇夜に咲く花」

真・闇夜に咲く花#4

第4話【夢追い男】 4/3[夢]変な夢を見た。このブラクスに住んでた人の出来事だ。闇の存在ガルスとはなんなのだろう。続きが気になる夢だ。 4/4[夢]昨日の夢の続きを見た。田内健という僕の友達が出て来た。何やらガルスから逃げていたようだ。でもガルスな…

真・闇夜に咲く花#C

第C話【取り付き】 技が出せない。どうする。「なんだ。お前ビビってんのか。」タイヤンがつつく。「ビビってなんかいねー。ダイオキシンが大量発生するのを防ぎたいだけだ。」そう、それだけだ。その瞬間だった。体がふわりと浮いて、タイヤンの中に吸い込…

真・闇夜に咲く花#B

第B話【初めての中ボス】 全身タイツ(仮)の格好でブラクスの北東に有る、都会のゾーンへ向かった。そこへ着くともう、ブルーとイエローが戦っていた。戦闘員と違い、形がタイヤ型だった。「くそっ。こいつ今までの戦闘員より遥かに強い。」ブルーは水の技が…

真・闇夜に咲く花#A

第A話【他人の正義と俺の正義】 俺があの子と一度来た事のある、ブラクス海を眺めているとバットフォンが鳴った。「敵が現れた」と無機質な機会の声が俺に話しかける。「せっかくの休みだったのに」俺は直ぐにバット1号に変身した。第B話へ続く。 to be cont…

こんにちは!〜〜です!

僕がブログを始めた、2013-04-07はじめて。はじめて。この記事から2年以上が立っています。ブログ名は、2,3回変わって今の「ゆうたクラブ日記」になったわけですが、あの時からYouTubeの方も「ゆうたクラブTV」から変わって、「カニてれび」になりました。そ…

真・闇夜に咲く花#3

第三話【夜空のヒーロー】 翼烈斗は子供の頃から親の影響でヒーロに憧れを抱いていた。烈斗にとって親はヒーローだったのだ。親である翼真汰はよく人助けをし、ブラクスの平和を守っていた。ガルスが生まれるまでは。翼真汰は烈斗の父親に当たり孫でもある。…

真・闇夜に咲く花#2

第二話【闇夜のガキ大将】 塾帰りの田内健は、とにかく逃げたかった。何からか?分からない。その存在からだ。「塾に行くのは、あれ程嫌と言ったに」もう泣き出しそうだった。その存在は、大きく、巨大だった。形は中学校のクラスにいるガキ大将に似ていたが…

真・闇夜に咲く花#1

第一話【モンスターの春】 ブラクスと言う町に住んでいる母からは毎月、仕送りと一緒にブラクスの月刊誌が送られてくる。編集は私と同じ会社がやっているのだが、私は違う部署なので読む機会は無い。7月に発行されたそれには、こんな特集が組まれていた。「…

闇夜に咲く花、完結。

いやぁ、疲れた。「闇夜に咲く花」最終回(20)まで書き終わりました。今度はこれを再編集して、題名を「真・闇夜に咲く花」として投稿したいと考えています。今まで読んでくれた方、ありがとうございました。今、「誰が読むか」と思った方も1話だけでも読ん…

闇夜に咲く花 20

20:夢をかける少年 追木勤夢が目を覚ますとそこには日常が広がっていた。日記には、“今の当たり前がずっと続くことは無い”と書き、朝食を食べて支度をし、学校に向かった。「おはよう。」今日もあの子の声がする。「おはよう。」

闇夜に咲く花 19

19:平和な世界 世界が平和に戻った後、テレビのニュースではまるで、もともと居なっかったかのようにガルスのニュースはやらなくなった。久しぶりにあの頃の通学路を歩いていると墓地で烈斗さんを見つけた。彼は雨の中傘もささず、一人で墓の前にたって居た…

闇夜に咲く花 18

18:敵のアジトにて 私達は警官を投げ飛ばし、かと言ってもガルスが憑いてると知っているので抵抗はあまりないのだが、全身タイツで国会内へ入った。警官が無線を使い、「全身タイツの4人組が」と言っているのが聞こえる。「さぁ、まずは左の衆議院側だ」私…

闇夜に咲く花 17

17 :突撃 「作戦など無い!」 「「「はあ?」」」3人の声が響く。「自信満々だったじゃん」イエローが言う「何の為に仕事抜けて来たんだよ」ブルーも言う。「本当ですか。烈斗さん」私も言う。「作戦はとにかく突撃するのみだ」「敵がいるのはどっちですか…

闇夜に咲く花 16

16:明日の為に 4/18私達は変身して車に乗り込んだ。何処に向かうか?そんな事は決まっている。“国会”いや、敵のアジトだ。私達の持っている情報だと敵は国会にいる。「その情報あってんのか」ブルーの声がする。彼はホステスをしていて、本名は「小嵐勇吾」…

闇夜に咲く花15

15:朝飯 外には雨が降り、水を弾きながら走るタイヤの音が聴こえ、鳥のさえずりが聴こえる。いつもと何も変わらない朝だった。「さぁ、朝飯だ」烈斗さん達の家という以外は。「今日はB地区の見回りだ」「おはようございます」私は目をこすりながら言う。「…

闇夜に咲く花の人物紹介

さて、残りあとわずかとなった「闇夜に咲く花」ここで登場人物をまとめたいと思います。*1話から登場順・私(飯田鷹杉:いいだたかすぎ) 記者さんと烈斗に呼ばれる。ガルスによって妻の神奈子を殺され、その復讐にブラクスへ戻る。しかしその復讐心から自身も…

ニコニコURL置き場

【初音ミク】サカサマノカサカラ【オリジナルMV】 (6:0) #sm26606956 http://nico.ms/sm26606956 【GUMI】シューティングスター【オリジナルPV】 (4:9) #sm26603499 http://nico.ms/sm26603499 【初音ミク】ナツギクと夕凪【オリジナル曲】 (4:20) #sm26594…

闇夜に咲く花14

14:1日の始まり 4/16 私が目を覚ますと知らない場所に居た。烈斗さんの家でもなく、真っ白な場所だった。かと言って何も無いわけではなかった。そこは部屋で、男の子がいた。小学生時代の改名前のよく正夢をみてた頃の私に似ていたが、きっと気のせいだ。そ…

闇夜に咲く花11

11:闇夜に咲く花 俺は中学の時好きな子がいた。と言っても後ろの席から見てただけだけどな。中学生じゃぁよくある話だ。かと言って、あまり緊張もしなくって、授業中とかよく話してて、彼女は兎に角大人を嫌っていた。先生が逆ギレしたときは、「大人は腐っ…

闇夜に咲く花13,5

13,5:復讐心の芽生え 今日は746体のガルスが発生その内723体を撃破23体は人間に憑依2時間後消滅を確認。記者さんから生まれたガルスは3時間で撃破。名前は破壊魔オセロンだった。

闇夜に咲く花13

13:闇夜も光に変える“キオク” 思い返せば中学時代楽しかった事などあっただろうか。ーは死んでしまって、俺は相変わらず虐められててーーそうだ1つ。いや、2つ楽しかったことはあった。まず、俺は虐められて無かったんだ。あいつはただ、じゃれあっているつ…

闇夜に咲く花12

(注)「11:闇夜に咲く花」はわざと飛ばしています。12:心の中で光る者 烈斗の話を聞いていて私はこの街に来た本当の理由を思い出した。取材というのは自分の悲しみを抑える、いや隠すための道具だったのだ。私がここに来た本当の理由は“復讐"だった。12:心…

闇夜に咲く花10

10:心のヒーロー 烈斗の話した事は次元が違い過ぎて全く意味不明だった。やっぱりこいつおかしい。親が孫とはどういうことなのか。ドラ○もんかよ。「まるでSF小説みたいな話だな」「まあな。この話を聞いた人はだいたい引くから、お前もおかしいんじゃ無い…

きっかけは、、、

<p>今週のお題「私がブログを始めたきっかけ」</p>僕がこのブログに投稿ようになったのは小6の時の事。 DSiでの「動くメモ帳」のサービスが終わり、やる事がなくなり、「はてなのサービス〜」というとこから誘導されて始めました。 最初はブログを書くことに抵抗の…

闇夜に咲く花について

こんにちは。ゆうたです!最近このブログでは、小説しか書いていないので、よかったらTwitterを見ていただけると嬉しいです。さて、本題に入ります。闇夜に咲く花は全20話を目標として書いています。今はⅨ(9)話なので次で半分ですぞ!では、これからも、「闇…

闇夜に咲く花Ⅸ

Ⅸ:能ある鷹は爪を隠す 4/◻︎仲間と記者さんをゴキブリから守った俺は自分の事そして仲間のことをこの人に話すことにした。自分で自分のことを話すのは久しぶりだ。数年前亡くなった彼女に話して以来、仲間にも話していなかった。唾を飲み、俺は、まず自分の…

闇夜に咲く花Ⅷ

Ⅷ:闇と光とヒーローと 4/14「うわあぁぁ」左の部屋から悲鳴が聞こえる。さっき挨拶をしに来た記者のひとがすむへやだ夜の見回りはとっくに終わっていたが悲鳴が聞こえたなら行かなければならない。これは父から課せられた使命なのだ。隣の部屋は空いていた…

闇夜に咲く花Ⅶ

Ⅶ:落ちる記者 4/13私はブラクスの取材のため汽車に乗っていた。汽車の中は静かで隣の席に座るお婆さんたちの声だけが聞こえる。「そこのお兄さんどこ行くの」そう聞かれ私は答える。「取材のためブラクスまで」私はそこでお婆さんたちの表情が一瞬変化する…

闇夜に咲く花Ⅵ

Ⅵ:夢の続きを ゲームの話を僕に延々と聞かせる田内健。周りから避けられる僕。今日もブラクス男子中は平和だ。僕、追木勤夢を除けば。僕は友達がいない。と、言えば嘘になる。田内健は僕の唯一の友達なのだが、ゲームの話しかしないので最近は無視すること…

無題改め闇夜に咲く花

さて続きを・・・の、前に登場人物をまとめます。(半分自分のため)*1話から登場順・私(飯田鷹杉いいだたかすぎ) 記者/ガルスによって大切な人を失った?・田内健(たうちけん) ブラクス男子中学校の生徒。同中学校のガキ大将の形をしたガルスから逃げ、バッ…

無題改め闇夜に咲く花

さて続きを・・・の、前に登場人物をまとめます。(半分自分のため)*1話から登場順・私(飯田鷹杉いいだたかすぎ) 記者/ガルスによって大切な人を失 った?・田内健(たうちけん) ブラクス男子中学校の生徒。同中学校のガキ大将の形をしたガルスから逃げ、バッ…

無題?Ⅴ残像だ。

闇夜に咲く花Ⅴ:夢追い男 4/3変な夢を見た。日本のブラクスという町の出来事だ。自転の影響で100日毎に季節が変わるらしい。闇の存在ガルスとはなんなのだろう。続きが気になる夢だ。 4/4昨日の夢の続きを見た。成せば成るとはこのことを言うのか。田内健と…

無題?Ⅳ

闇夜に咲く花Ⅳ:夜空のヒーロー 翼烈斗は子供の頃から親の影響でヒーロに憧れを抱いていた。親がヒーロー好きだったわけではなく、親がヒーローだったのだ。翼真汰は烈斗の父親に当たり孫でもある。タイムバットレンジャーの一員なのだ。ということは後々分…

無題?Ⅲ

闇夜に咲く花 Ⅲ:闇夜の光 田内健は光を見つけた。光原ではない。スターだ。闇夜で逃げる人を助けるヒーローとネットで騒がれている、有名人だ。スターは自ら名乗った。「私の名はバット1号」少しかっこ悪いと最初は思った。しかし今はそんな事どうでも良い…

無題?Ⅱ

闇夜に咲く花 Ⅱ:闇夜のガキ大将 田内健は、とにかく逃げたかった。何からか?分からない。その存在からだ。「塾に行くのは、あれ程嫌と言ったに」と泣き出しそうにもなる。その存在は、大きく、巨大だった。形は中学校のクラスにいるガキ大将に似ていたが、…

無題?

こんにちは!ゆうたです!久しぶりに小説(?)を書いていきたいと思います。今までの中途半端のは、無かったことに・・・。では、どうぞ!? 暗闇に咲く花Ⅰ:モンスターの春 今日300日ぶりに春が来た。僕の住むブラクスという町は地球の自転の影響で100日ごと…

お久しぶりです。

ウッス!ゆうたっす。中3になり、受験勉強もしなきゃで…疲れた。じゃ!